株式会社 中野技術

Message代表メッセージ

世の中デジタル化が物凄いスピードと進化で前進しています。
アナログ時代から約40年、この業界でもデジタル化が進んでいます。
当社でも20年前からデジタルに変更してきています。
最初は迷いもありました。

アナログからデジタルへは効率はいいんですが、
当時それを操作できる人がいなかったのです。人集めにとっても苦労しました。
デジタルによって、人と人とのコミュニケーションがなくなり、段々個になってしまったのです。
当社でもそうですが、社内ランが通常化され、どんどん便利になる。
でも私はこういう時代だからこそアナログが必要だとも思います。
デジタルとアナログのバランスが会社にも重要ではないかと思うんです。
人と人のコミュニケーションで最も大事なのは顔を合わせて話をすることです。
メールより手紙、手紙より電話、電話より会って話すという順序です。
そしてこれからも日本で急激に広がりを見せるだろうコンピュータ社会、
人と人のコミュニケーション方法が変わる。
人々もいろんな情報を得るのがペーパーベースだったのが
WEBにとって替わり、新聞や書籍の存続もあやぶまれています。
これは地図づくりにおいてもそうです。

何だか便利になりすぎて綺麗だけれども、かえって温もりを感じなくなった。
私はこういう時代だからこそ社内でチームワークをとり、
人と人とのコミュニケーションをとることが大事だと考えています。
人々もいろんな情報を得るのがペーパーベースだったのが
WEBにとって替わり、新聞や書籍の存続もあやぶまれています。
これは地図づくりにおいてもそうです。

何だか便利になりすぎて綺麗だけれども、かえって温もりを感じなくなった。
私はこういう時代だからこそ社内でチームワークをとり、
人と人とのコミュニケーションをとることが大事だと考えています。
デジタルの波を受けるのはいいんですが、つぶされないように

何だか便利になりすぎて綺麗だけれども、かえって温もりを感じなくなった。
私はこういう時代だからこそ社内でチームワークをとり、
人と人とのコミュニケーションをとることが大事だと考えています。
デジタルの波を受けるのはいいんですが、つぶされないように
人間らしくアナログ感も大事にしていきたいと私は思います。
「ハイテク=高度な技術」の会社として語られる事も多かったのです。
確かに3D技術なども含めて「先端的」なのですが、
「ハイテクよりハイタッチ」という言葉を使っていたのではないかと思います。
「ハイテクよりハイタッチ」の意味は、かみ砕いて言うと
「高度な技術はあくまで手段であり、その技術は「人に優しく」活かされないといけない」
という事なのかと理解しています。
もっと簡潔に言い換えれば
「人に優しくするのが技術として追求すべき本質と成長」という事でしょうか。
私自身も仕事通じて、「ハイテクよりハイタッチ」は常に心にとどめておくべき言葉だと実感しています。
そして、今後のコンピューターや技術のあり方を考えた時、
全く古くさい言葉ではなく、むしろ、新しいものが受け入れられている今、
現実にそのような商品こそが求められており、
これからも「ハイタッチ」が求められるのではないかと信じています。
他の会社ができないこと中野技術は挑戦していきます。
取締役社長兼光利之 

世の中デジタル化が物凄いスピードと進化で前進しています。 アナログ時代から約40年、この業界でもデジタル化が進んでいます。 当社でも20年前からデジタルに変更してきています。 最初は迷いもありました。 アナログからデジタルへは効率はいいんですが、 当時それを操作できる人がいなかったのです。人集めにとっても苦労しました。 デジタルによって、人と人とのコミュニケーションがなくなり、段々個になってしまったのです。 当社でもそうですが、社内ランが通常化され、どんどん便利になる。 でも私はこういう時代だからこそアナログが必要だとも思います。 デジタルとアナログのバランスが会社にも重要ではないかと思うんです。 人と人のコミュニケーションで最も大事なのは顔を合わせて話をすることです。 メールより手紙、手紙より電話、電話より会って話すという順序です。 そしてこれからも日本で急激に広がりを見せるだろうコンピュータ社会、 人と人のコミュニケーション方法が変わる。 人々もいろんな情報を得るのがペーパーベースだったのが WEBにとって替わり、新聞や書籍の存続もあやぶまれています。 これは地図づくりにおいてもそうです。 何だか便利になりすぎて綺麗だけれども、かえって温もりを感じなくなった。 私はこういう時代だからこそ社内でチームワークをとり、 人と人とのコミュニケーションをとることが大事だと考えています。 人々もいろんな情報を得るのがペーパーベースだったのが WEBにとって替わり、新聞や書籍の存続もあやぶまれています。 これは地図づくりにおいてもそうです。 何だか便利になりすぎて綺麗だけれども、かえって温もりを感じなくなった。 私はこういう時代だからこそ社内でチームワークをとり、 人と人とのコミュニケーションをとることが大事だと考えています。 デジタルの波を受けるのはいいんですが、つぶされないように 何だか便利になりすぎて綺麗だけれども、かえって温もりを感じなくなった。 私はこういう時代だからこそ社内でチームワークをとり、 人と人とのコミュニケーションをとることが大事だと考えています。 デジタルの波を受けるのはいいんですが、つぶされないように 人間らしくアナログ感も大事にしていきたいと私は思います。 「ハイテク=高度な技術」の会社として語られる事も多かったのです。 確かに3D技術なども含めて「先端的」なのですが、 「ハイテクよりハイタッチ」という言葉を使っていたのではないかと思います。 「ハイテクよりハイタッチ」の意味は、かみ砕いて言うと 「高度な技術はあくまで手段であり、その技術は「人に優しく」活かされないといけない」 という事なのかと理解しています。 もっと簡潔に言い換えれば 「人に優しくするのが技術として追求すべき本質と成長」という事でしょうか。 私自身も仕事通じて、「ハイテクよりハイタッチ」は常に心にとどめておくべき言葉だと実感しています。 そして、今後のコンピューターや技術のあり方を考えた時、 全く古くさい言葉ではなく、むしろ、新しいものが受け入れられている今、 現実にそのような商品こそが求められており、 これからも「ハイタッチ」が求められるのではないかと信じています。 他の会社ができないこと中野技術は挑戦していきます。
取締役社長
兼光利之