株式会社 中野技術

空間情報技術オルソ画像+図化+編集

中野技術のオルソ画像+図化+編集

従来のアナログ図化機とは大きく異なり、パソコン画面上に高性能スキャナで取り込んだ写真を実体視させ、直接作図していきます。豊富な作図機能で作成したデータは、従来の編集作業を大幅に軽減します。今まで以上に高度で緻密な3次元データの作成が可能になりました。中野技術では創業当時から行わている業務です。元請け業務、下請け業務様々な仕事を請け負っております。

オルソ画像

オルソ画像

航空カメラで撮影された空中写真は、レンズの中心に光束が集まる中心投影なので、レンズの中心から対象物までの距離の違いにより、画像に歪みが生じます。写真に写る物体が地面から高いほど、また写真の中心から周縁部に向かうほど、この歪みは大きくなります。空中写真では、高層ビルなどの高い建物や周縁部の建物の像は、写真の中心から外側へ傾いているように写ります。
オルソ画像は、標高データを用いてこの像の歪みをなくし、真上から見たような傾きのない画像に変換し、位置情報を付与したものです。標高データは、通常は、同じ場所を重複して撮影した隣接する2枚の空中写真を用いて、画像相関などにより取得しますが、既存の標高データ等を利用して変換することも可能です。
オルソ画像は、画像の形状に歪みがなく、位置も正しく配置されているため、画像上で位置、面積及び距離などを正確に計測することが可能です。

オルソ画像

図化

図化とは、航空写真を使い、地図の基となる、高さや座標位置のデータを書き上げていく作業です。これが地図になる原型の最初のデータということになります。

オルソ画像

編集

編集とは、「図化」のデータをさらに、表現のおかしなところをマイクロステーションソフトを使い直していきます。作業規程や作業の仕様に合わないものを整え、注記(道路名・河川名・公共建物の名称)や地図記号などをきれいに配置していきます。

 

オルソ画像

その他

航空機専用のデジタルカメラだけではなく衛星画像・一眼レフなど使用してデータの作成ができ、ラジヘリに一眼レフカメラを搭載しての作業も遺跡調査など活用しています。
作成したデータは3次元で取得されていますので3Dオルソや3Dプリンターを使用しジオラマ作成もできます。
山の地形データを作成したものにプロジェクターマッピングで投影するなどいろいろな見せ方の工夫が今後考えられます。

※図化機を使用してステレオ写真から3Dデータを作成できる技術です。

 

 

取締役 部長 オルソ担当       菅原 広志
僕本当は、建設関係の仕事したかったんですよ。
でも、この会社に入って測量が好きになってしまったんですよね。
仕事に熱中するということをこの会社が教えてくれたので、資格も自分で勉強してとりました。地図づくり は色々な要素があり、ひとつの仕事では、終わることのできない部分があります。その一つ一つを勉強していくと、地図づくり深さがわかってきた感じします。今後は、他のことも勉強しながら、やっていきたいと思います。
空間地理情報課 課長 図化担当   渡邊 和俊
他の社員の方と違って、専門学校など経て入社する方が多いのですが、僕は違って、なんの経験なくこの会社に入社いたしました。はじめはとっても苦労しました。測量の部署を経て、この図化に配属になりました。今は、地図の基本を作る立場にいるのですが、やっぱり楽しいですね。自分が作った地図がどのように使われているか、どんな方が使っているのか?とこれからも、使っていただける方の立場に立ってやっていきたいと思います。
空間地理情報課 課長 編集担当  藤江 保明
編集しつづけてきて約16年経ちましたが、未だ進化中です。この仕事は、なんと言っても正確にやって行かなくてはいけない仕事です。やっぱりみんなが作業した最後の締めみたいなところです。やはりクライアントに納品するのにしっかりしたものをつくらなきゃ」って思うんです。仕事のやり方、チェック方法などいかにスムーズにしていくか未だ進化中です。