株式会社 中野技術

移動計測技術 文化財+測量

中野技術のオルソ画像+図化+編集

 埋蔵文化財とは,土地に埋蔵されている文化財(主に遺跡といわれている場所)のことです。埋蔵文化財の存在が知られている土地(周知の埋蔵文化財包蔵地)は全国で約46万カ所あり,毎年9千件程度の発掘調査が行われています。その中で当社が行っている文化財は、最新の技術を使い、すばやく発見することができます。その情報をWEBでの公開を推進しております。教育関係などにでも取り扱いされてきております。

オルソ画像

文化財発掘の地中レーザー

●地中レーダー探査
地中レーダ探査とは、電磁波の「波動」としての性質を利用して、地中の構造を把握する探査手法です。電磁波(パルス波)を地表から地中に向けて放射すると、地中の電気的性質が変化する部分が電磁波の反射面となり、この反射面からの反射波が地表に帰ってきます。この反射波を捉えることにより、地下浅部の地盤構造や空洞、埋設物などを非破壊的に探査する方法です。

中野技術のオルソ画像+図化+編集

文化財発掘の地中レーザー

オルソ画像

中野技術の現地測量

●地上測量

高度化、多様化する測量ニーズに対し、常に最新のノウハウと技術の確保に努め、 計画機関、設計者のあらゆる要求に即応するハイグレードな測量を行います。 特に、フィールド作業からデータ処理、描画までを一元化したフルラインシステムにより、 高精度かつ高効率の情報提供を行っています。

●基準点測量
地上のあらゆる条件を把握して、地上観測・衛星観測(GPS・VRS-RTK測量)で対応します。VRS-RTK測量は、下水道・環境調査・工事測量・森林測量・三次元地形測量など各種業務の位置情報の測定に利用できます。

●地形測量

地形測量デジタル平板・VRS-RTK測量を多様化して大地を測ります。各データは各種フォーマット変換にも対応します。

●応用測量
応用測量豊富な経験と実績を背景に、高効率の作業提案を行うとともに、緻密な路線測量、水路測量、用地測量を実施。精度の高い測量データを提供します。

●地籍調査
限りある国土の有効活用・保全のためには、土地の実態を正確に把握する地籍調査を実施する必要があります。また、地籍調査の成果は、個人の土地取引から公的機関による地域の整備まで、あらゆる行為のための基礎データとなるものです。この基礎データ作成に最新技術で対応します。

オルソ画像

当社が製作した文化財ホームページ

蓮田市内の文化財情報の有効な管理、および公開を行うものであり、蓮田市内の指定文化財、市内に所在する埋蔵文化財の成果、石造物の紹介しております。
詳しくは蓮田市文化財情報をご覧下さい。

移動計測技術部  埋蔵文化財課 課長   小林 由典
文化財の仕事についたとき正直迷いました。やったことない仕事、とてつもない仕事が混同して最初はまったく手につきませんでした。ただ歴史を語る上で必要なことしているんだっと思ったとき、やりがいが生まれてきました。今はまだ、文化財に興味を持っている方は、ほんのわずかですが、この先この仕事大きくし分かりやすい文化財、身近な文化財として、拡大していきたいですね。
移動計測技術部  測量課 課長   宮本 実
物体があればなんでも測ります。なんて言うのはオーバーですが、とにかく時間を忘れるくらい熱中できる仕事です。過去に道路測量はもちろんですが、高速道路ICなど測量してきましたやはり、どんなものでも出来上がったあとの達成感はいまでもたまりません。